インポートインテリア・ドーノについて

ショップ名の「DONO(ドーノ)」はイタリア語で「贈り物」を意味します。
自分へのご褒美、大切な人への贈り物、そして・・・
英語の「gifted」の意味合いが強く「天賦の才のある」と解釈 ―


デザインの国のイタリアは、デザイナー、アルティザン(職人)、そしてメーカー(企業)に支えられています。
DONOでは、この3つが機能した、天賦の才能を持つデザイナーのアイデアを具現化する、伝統的な職人技と、革新的な技術を持つメーカーの商品を「他にはない」をコンセプトにイタリアから直輸入販売しています。

大量生産とは対極にある、サスティナブルなモノづくりの現場。
環境に配慮した最新のテクノロジーと職人の手仕事の融合。
伝統工芸品とも違う、アートのようなインテリアを生み出しています。


インテリアコーディネーターでもあるDONO店主が、実際に見て、触れて、製作現場に立ち会い、こころ打たれたイタリアのインテリアをご紹介していきます。


DONO店主 上田桐子

上田 桐子 Kiriko Ueda

profile
 

株式会社アルテミオ代表取締役 / DONO店主
インテリアコーディネーター

 

Pratt Institute N.Y. Manhattan campus, Interior Design
大阪ガスインテリアデザインスクール インテリアコーディネート科

プロフィール

2000年にアメリカ・ニューヨークの商業施設、個人邸を手掛ける照明器具会社にてインターンとして勤務。帰国後、事業施設、公共施設を主に手掛ける内装設計施工会社にてインテリアデザイン業務に従事。
2003年にイタリアインテリアを直輸入販売するオンラインショップDONOを開設・独立。2009年よりイタリア大使館貿易振興促進部ミッションメンバーとして渡伊を重ね、日本とイタリアを繋ぐ活動を続ける。2012年に東京・神宮前にショールームをオープンし、インテリアコーディネート業務も開始。
映画「愛さえあれば」、インテリアフェスティバル等のトークショー出演。産経学園・銀座おとな塾、玉川髙島屋カルチャーセンター、六本木AXISイエローコーナーSR等セミナー登壇。雑誌「アントレ」等メディア取材多数。そごう西武外商催事「高輪会」、伊藤若冲特別販売会、イタリア文化会館マジストレッティ展等イベント実績多数。

実家が内装設計施工会社を経営しているため、幼い頃からインテリアが身近な存在だった。学生時代のデザイナー家具ブームで興味を持ち、世界40カ国、400社の家具メーカーにアプローチ。経験なし、コネなし、資金なしにも関わらず「20年後に期待してる」と、イタリアのエージェントと最初に契約を交わした縁で、イタリア専門店のDONOが誕生する。

特定商取引法に基づく表記へ

ショールームについて