カッパーリーフ(銅箔)掛け時計「オロ」|インテリアコーディネーターがイタリア職人の手仕事が光る「他にはない」モダンなインテリア小物をネットと東京・青山店で直輸入販売

全商品イタリア直輸入 ご注文はお電話でも承ります 03-6804-2806

  • HOME
  • Guide
  • Showroom
  • About
  • Blog
  • Contact

カートを見る



デザイナーと職人が製作した 他にはない 高級インテリア小物をイタリア直輸入通販

HOME > インテリア時計 > カッパーリーフ(銅箔)掛け時計「オロ」

金属ガラス壁掛け時計「オロ」

カッパーリーフ(純銅箔)加工されたガラスと金属が融合した壁掛け時計です。赤みがあるため「木」と相性抜群。
商品名のイタリア語で「オロ=oro」は「金」を意味します。
一枚一枚趣の異なるカッパーリーフ(銅箔)仕上げなので和洋どちらの空間に合います。
ガラスの溶解にまかせたデザインをお楽しみください。「ふたつとして同じフォルムが存在しません」。

ポイント

金属ガラス壁掛け時計「オロ」

当店の人気シリーズ「オロ」がバージョンアップしました!本体表面にカッパーリーフ(純銅箔)を施しラグジュアリーな印象に。光を柔らかく取り込み、カッパーリーフが複雑にその陰影を刻みます。フューズドガラスと呼ばれる素材を使用した本体は、ガラスと金属の融解に任せて形づくられるので、ひとつひとつフォルムが違います。また、1点1点職人が貼り合わせるカッパーリーフ(銅箔)もすべて違います。ポリッシュやマットなどとはまた違った趣きが表現できる「箔」の人気が高まっています。赤みのあるカッパーリーフ(銅箔)は温かみがありナチュラルなインテリアにも合います。イタリアの職人技が光る逸品です。

金属ガラス壁掛け時計「オロ」

横から見るとその有機的な凹凸感がよく分かります。見る角度のよってまったく違う表情を見せてくれます。直径45cmと国産時計の標準が30cmほどなので、少し大きいですが、重さは1.1sとさほど重くありません。

金属ガラス壁掛け時計「オロ」

黒くペイントされた針は、クラシカルなデザインが美しい。長針と短針がゆるやかに時を刻みます。イタリアのディアマンティーニ&ドメニコーニ社の壁掛け時計です。デザインは今最も勢いのある若手デザイナーPascal Tarabay(パスカル・タラバイ)によるものです。

金属ガラス壁掛け時計「オロ」

本体はゴールド、シルバー、カッパーの3種類があります。金銀銅が並べばまるでメダルのよう。空間に応じて繊細な色使いをお楽しみください。

  • 金属ガラス壁掛け時計「オロ」

    裏面のムーブメント上部にフック用の穴があります。ここに掛けて壁等に飾ってください。イタリアのディアマンティーニ&ドメニコーニ社製。デザインから製造まですべてをイタリア国内で行っています。ムーブメントはドイツ製。※単3電池1個使用 。

メーカー

ディアマンティーニ&ドメニコーニ

イタリア・ミラノにあるトレンド発信地のインテリアショップで愛されているディアマンティーニ&ドメニコーニ社の壁掛け時計。
1965年にイタリア・ミラノに設立されたインテリアメーカーです。主力商品はクラシカルなデザインの壁掛け時計を製作しており、
「鳩時計」は日本やアメリカをはじめ世界で何十年にわたり愛されている。
2003年を境に、若手デザイナーのパスカル・タラバイを迎えブランドイメージの一新を図る。
これまでの鳩時計のような伝統的なデザインを保ちつつ、さらに都会的でエレガントなモダンデザインのラインナップも充実しています。
DONOでは、新しいモダンデザインのインテリアを中心にセレクトしています。

デザイナー

1970年にレバノンのベイルートで生まれ、パリで育つ。その後、イタリアの名門ドムスアカデミーで建築とプロダクトデザインを学ぶ。1999年からミラノとベイルートを拠点にデザイン活動をスタートする。2000〜2002年までミラノサローネにデザイナーとして出展。数々の名だたる賞に輝き、世界の美術館に作品がコレクションされている。DHLやフェラガモなどのプロジェクトを多数手がけ、その活動範囲は世界規模となっている。

カッパーリーフ(銅箔)掛け時計「オロ」

カッパーリーフ(銅箔)掛け時計「オロ」

NEW

商品番号 1364

詳細

ブランド:ディアマンティーニ&ドメニコーニ
原産国:イタリア
材質:フューズドガラス(金属ガラス)
サイズ:φ45cm
カラー:カッパーリーフ(純銅箔)仕上げ

・重さ:1.1kg
・ムーブメント:ドイツ製
・梱包:メーカークラフトボックス
・デザイナー:Pascal Tarabay
・ラッピング・のし無料

61,560円(税込)

数量
商品についてのお問い合わせ

ショールームについて